リスティング広告

治療院の広告制限・規制についての現状と今後について

peccolis_2018.08.07①

2018年6月に医療法の改正が行われ、自分たちのどんな影響があるのか不安を抱えている整体院も多いでしょう。医療業界は年々広告に対する規制が厳しくなっているため、ルールを把握するのも一苦労です。

今回はそもそもなぜ広告の表現に制限があるのか根本的なところに触れていきたいと思います。ホームページだけでなくても、ポスターやチラシなどの広告物を作成している治療院さんは参考にしてください。

PPC広告の表現に関するご相談をよくいただきます

2018年6月に医療法の改正が行われ、自分たちのどんな影響があるのか不安を抱えている整体院も多いでしょう。医療業界は年々広告に対する規制が厳しくなっているため、ルールを把握するのも一苦労です。

今回はそもそもなぜ広告の表現に制限があるのか根本的なところに触れていきたいと思います。ホームページだけでなくても、ポスターやチラシなどの広告物を作成している治療院さんは参考にしてください。

なぜ広告の制限があるの?

そもそもなぜ広告に表現に制限があるのでしょうか。それはずばり患者さんの保護のためです。効果を過大に偽ったり、なんでもかんでも健康保険が適応されるような虚偽の広告がまかり通れば、最終的に被害を被るのは患者さんたちです。患者さんたちの身体や経済をまもるためにも医療業界の広告には制限が必要なのです。

現に厚生労働省は平成29年9月に『「柔道整復師の施術に係る療養費について」の一部改正について』に、違法な広告により患者を施術所へ施術を受けるように誘因してはならない旨を追加しています。これらの広告規制に違反すれば、30万円の罰金が課せられることになるので注意しましょう。

広告規制の現状

インターネットに限らず、保健所の広告指導は年々厳しくなってきています。虚偽の広告を打つのはもちろんNGですが、記載NGのキーワードも数多くあります。知らぬ間に違反していたということにならないためにも、どのような表現がNGなのか把握していなければなりません。広告指導は年々厳しくなってきており「交通事故専門」、「肩こり治療」という表示も行き過ぎとして指導される場合もあります。「広告の制限」の法律に載っていない「骨折・脱臼。打撲・捻挫・挫傷」といった表現もチラシや看板に記載できないのです。

今後広告指導はさらに厳しく

peccolis_2018.08.07②

広告の中でも最近特に規制が必要と思われているのがインターネット広告。インターネットの広告を見ることが受信のきっかけになるケースは増えており、2018年6月の医療法の改正でクリニックなどのホームページは規制の対象になりました。整骨院はまだ規制の対象ではありませんが、今後規制の対象になる可能性は高いと考えられています。

現に整体院のホームページにも規制が必要という声は実際に上がっており、数年後には規制を行うと言う具体的な動きも見られます。また注意しなければならないのは法律だけでなく、広告を掲載するYahoo!やGoogleが自主規制するケースも頭に入れておかなければなりません。違法ではなくても、審査が厳しくなってリスティング広告などが出せなくなることは十分に考えられます。

 

ペコリスの治療院さま向けプログラム

今後厳しくなっていく治療院の広告を、自分たちで作っていくのはどんどん難しくなっていきます。そのため治療院の業界理解があり、慣れた対応をしてくれる広告のパートナーが必要なのです。おすすめはペコリスの「治療院さま向けプログラム」。これまで多くの治療院の広告集客をサポートしてきた実績があるため、安心して広告に関することをお任せできます。Googleの正規代理店でもあるため、法が改正された場合だけでなくGoogleが自主規制した場合でも適切かつ効果的な対応をしてくれるのが期待できます。

治療院さま向けプログラムの詳細はこちら
 https://peccolis.com/listing-chiryouin/