リスティング広告

Google広告で配信エリア外からのクリック?どうして発生する?

s27●2022.3.10_Google広告で配信エリア外からのクリック?どうして発生する?

配信エリアを設定しているにも関わらず、配信エリア外からのクリックがあります。どうしてでしょうか。

1. 配信エリア

Google広告では、配信エリアというものを決めてからそれに対して広告を配信します。
この配信エリア外から問い合わせがあったり、レポートのデータを見ると配信エリア外からのクリックが発生していることがあります。疑問に思われる方も多いようで、よく聞かれる質問です。

2.配信エリア以外の設定「地域」の設定

Google広告には配信エリアの設定の他に、地域の設定(所在地やインタレスト)もあります。この地域の設定には3つあります。

1.「ターゲット地域にいる(住んでいる)ユーザー」
ターゲットが大阪市になっていれば大阪市に住んでいるユーザーです。

2.「ターゲット地域をよく訪れるユーザー」
大阪市以外に住んでいるが通勤や通学で毎日のように大阪市に来るユーザーです。

3.「ターゲット地域に関心を示したユーザー」
住んでいるところに関わらず、そのターゲット地域に興味を持っているユーザーです。

地域の設定とは、この3つに対して広告を表示する設定です。多くはありませんが、このように配信エリア外からのクリックが発生する仕組みになっているのです。またGoogle広告では、この設定がデフォルトになっています。

3.そこに在住する人のみにしたい場合の「所在地」

エリア外からのクリックは必要ない、という場合もあるかもしれません。
この設定では「ターゲット地域にいるユーザー」と「ターゲット地域をよく訪れるユーザー(通勤・通学含む)」を対象にします。遠方からそのエリアについて検索するユーザーは入りません。この場合、先ほどの東京から検索したユーザーなどは除外されます。

4.その地域を検索するユーザー対象の「検索インタレスト」

この設定では、住んでいる場所に関わらずそのターゲット地域を検索しているユーザーを対象にします。もちろん、その地域に住んでいるユーザーでターゲット地域を検索しているユーザーも対象になります。

幅を広げておくという意味でも、多少エリア外からのクリックがあったとしても「ターゲット地域にいる(住んでいる)ユーザー」「ターゲット地域をよく訪れるユーザー」「ターゲット地域に関心を示したユーザー」の3つを対象にするデフォルト設定をおすすめします。これはGoogleの推奨でもあります。配信エリア外からアクセスがあっても来院につながる可能性は十分ありますし、実際に来院につながっていれば問題はありません。

どうしても一部関連の薄いユーザーを除外したいような場合は、2つ目の「所在地」で「ターゲット地域にいる(住んでいる)ユーザー」「ターゲット地域をよく訪れるユーザー」に絞って、集客の状況の変化を見てみてはいかがでしょうか。ただ、Googleでも推奨されているように、あまり絞りこまず自由度を持たせることで機能が最大限に発揮されるということもありますので、実際に試しながら良い設定を見つけてください。

 

PPC広告の運用を無料で相談する

「現状のWeb集客でいいのだろうか?」とお悩みではありませんか?「獲得単価」だけを見ていてはいけません!運用コストを落とすことで、広告の費用対効果を一気に改善!ペコリスのリスティング広告(PPC広告)の運用を体験してみませんか?


中小企業のスモールスタートを多数支援しているペコリスなら、ネットやパソコンが苦手な方でも簡単にWeb集客を導入できます!


ペコリスのPPC広告をもっと詳しく

上