未分類

新型コロナウイルスで影響を受けた事業者に公庫が無利子融資へ

新型コロナウイルスで影響を受けた事業者に公庫が無利子融資へ

御社の事業において、新型コロナウイルスの影響は出ていますか?客足が遠のいたと影響を感じておられる方や、全く影響は無いという方もいらっしゃいます。事業内容によって、大きく異なるのではないでしょうか。

日本政策金融公庫の方とお話しする機会があり、2020年3月7日に安倍総理より発表があった「新型コロナウイルスにより影響を受けた中小企業に対する無利子融資」についてお伺いしました。

どこで融資を受けられるの?

では、日本政策金融公庫などに特別貸付制度を創設するということでしたが、公庫のご担当の方に確認しましたところ、「日本政策金融公庫にて融資を行う」とのことでした。現在は、急なことで対応に追われていらっしゃるようです。政府の発表では「など」と含みを持たせた表現になっていましたので、今後は公庫のみならず、銀行などもコロナ対策の特別貸付が行われるかもしれませんね。

本当に無利子で融資を受けられるの?

政府の発表では「無利子」でということでしたが、本当に無利子で融資を受けることができるのでしょうか? お伺いしたところ、「無利子」での融資が可能だそうです。ただし、コロナウイルスによる影響で売上が減少したかどうかなどいくつかの確認事項があるようで、影響を受けていないのに「無利子」で借入を行うことはできないと思っておいた方が良いのではないでしょうか。返済期間や借入の上限額、審査内容などどのような条件で融資を受けることができるのか、問い合わせをされると良いでしょう。

どこに問い合わせをすれば良いの?

各地域の日本政策金融公庫に問い合わせをしましょう。
下記のリンクより各エリアの公庫の窓口をご確認ください。

<新型コロナウイルスに関する相談窓口>
https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/covid_19.html

また、現在公庫で借入をしている方も、返済に関するご相談もできるそうです。
新規借入だけではなく、すでに借入をされている方も、是非お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

その他にも対策はないの?

売上が落ちてしまった場合、公庫で新たな融資を受けて運転資金に充てることができますが、その他に利用できる制度はないのでしょうか。

経済産業省からは2020年2月28日に、新型コロナウイルス感染症により影響を受けている中小企業者への資金繰り支援措置として、セーフティネット保証4号を発動することを決定しました。

借入する際、中小企業は担保や保証人が用意できないということがあります。その時に保証協会が保証人の代わりになってくれます。もちろん審査が必要ですが、通過すれば保証人を用意する必要がないので、親戚にお願いをして回ることもなく借入を行うことができるので、非常に助かる制度です。

また、保証協会が保証して金額には上限があります。一般保証と呼ばれるもので上限が2億8000万円です。これとは別の枠で追加して2億8000万円の枠を設け、借入債務の100%を保証するという措置です。

保証協会の審査に通過すれば、無担保、保証人なしで借入を行うことができます。
また、その金額は上限金額があるものの、融資額の100%を保証してくれるので、有り難いですね。

こちらは、日本政策金融公庫、もしくは銀行の融資のどちらにでも利用できそうです。

銀行にとっては新たな融資や追加融資を検討する際に、保証協会がついてくれるので、万が一倒産しても銀行が補填する必要が無いため、より積極的な融資ができそうですね。

キャッシュを確保して倒産を防ぐ

いくら黒字でもキャッシュがなければ支払いができません。逆に赤字であってもキャッシュがあれば支払いができるので倒産を防ぐことができます。

新型コロナの影響で「売上が激減した!」と頭を抱えておられる方も少なくないと思いますが、これらの金融政策を上手に利用して、危機を乗り越えましょう!

 

PPC広告の運用を無料で相談する

「現状のWeb集客でいいのだろうか?」とお悩みではありませんか?「獲得単価」だけを見ていてはいけません!運用コストを落とすことで、広告の費用対効果を一気に改善!ペコリスのリスティング広告(PPC広告)の運用を体験してみませんか?


中小企業のスモールスタートを多数支援しているペコリスなら、ネットやパソコンが苦手な方でも簡単にWeb集客を導入できます!


ペコリスのPPC広告をもっと詳しく