リスティング広告

新規の問い合わせが急になくなった?!どうすればいい?

s18●2021.12.23_新規の問い合わせが急になくなった?!どうすればいい?

急に新規の問い合わせや予約がなくなりました。このような時はどうすればいいのでしょうか。

1. なぜ集客が落ちたのかを考える

これはとても不安ですよね。
リスティング広告では、こういったお話をいただくことがあります。よくお話させていただくのは、外的要因で集客が落ちているのか、それとも内的要因で集客が落ちているのかをまず最初に考えるということです。

外的要因とは

たとえば、コロナの蔓延で外出を控えるよう緊急事態宣言が発令される、というような場合です。こうなると、どれだけ良いHPで、どれだけ良い広告を出していたとしても、やはり新規の問い合わせや予約は減ってしまうでしょう。

このような自分たちの力ではどうしようもないこと、これが「外的要因」です。季節や時期、なども外的要因です。

内的要因とは

それに対して、予算切れで広告が動いていない、HPのデザインが原因で内容がわかりづらい、というようなものが「内的要因」です。自分たちの努力で改善の余地があるが、それがうまくいっていないために集客が落ちてしまっているという場合です。

内的な要因に関しては、予算切れで急に広告が止まってしまっているというような場合でなければ、急激に集客が落ちてしまうということはあまり考えられません。HPの大幅な変更などがあった場合は別ですが、それ以前にある程度集客ができていてそれが急に止まってしまったとしたら、内的な要因ということは考えにくいでしょう。

2.競合他社も外的要因の1つ

外的な要因の1つに、競合他社が急に金額を下げて大量に広告を出してくるということがあります。こうなると価格競争が起こり、その店舗にお客さまが大量に流れてしまうということが起こります。

新規で店舗を立ち上げた時などには、とにかく価格を下げてお客さまをたくさん呼ぶ、ということがあります。そうなると、周りの店舗では急激に集客が落ちてしまいます。その場合には、その店舗を見つけて注意していく必要があります。

3.外的要因には我慢も必要

競合他社ができた場合には、今後の対策も必要になってくるでしょう。
ただ、季節やどうにもならないような要因の場合、焦ってHPや広告に手を加えてしまうのはお勧めできません。

従来うまく行くはずだった仕組みを自ら変えてしまうことになり、1番避けたいところです。こういう状況には、触らないで我慢するということも必要です。我慢した先で状況が好転してきた時には、またしっかりと集客ができるはずです。

4.注意したい内的要因

内的な要因はそもそも、急に良くなる、良くするものでもありません。
HPの内容を見直す、もっと分かりやすくて伝わりやすい表現を考える、詳細を伝えられうような文章にする、写真を追加するなど、少しずつ積み上げて徐々に良くしていくものです。

急に売り上げがなくなってしまうというのは不安になると思いますが、外的な要因が多いものです。あまり神経質にならないようにしてみましょう。どうしても何かしたいという場合は、自社のHPをしっかり見直して、他社と比べて足りないものをしっかりとこの時期に補っていくのをお勧めします。

あるいは、信頼のできる業者さん、コンサルタントなどに業界の情勢を聞いてみるのも良いかもしれませんね。他の治療院でも同じような傾向にあるようであれば、焦ることもないでしょう。

PPC広告の運用を無料で相談する

「現状のWeb集客でいいのだろうか?」とお悩みではありませんか?「獲得単価」だけを見ていてはいけません!運用コストを落とすことで、広告の費用対効果を一気に改善!ペコリスのリスティング広告(PPC広告)の運用を体験してみませんか?


中小企業のスモールスタートを多数支援しているペコリスなら、ネットやパソコンが苦手な方でも簡単にWeb集客を導入できます!


ペコリスのPPC広告をもっと詳しく

上