リスティング広告

不承認をなくそう。治療院が意識すべきGoogle広告の審査基準について

peccolis_2018.09.11①

2018年7月、広告主にとっては馴染みの深い「Googleアドワーズ」が「Google広告」に名称変更となりました。これまでアドワーズを使ってリスティング広告を利用してきた人にとっては不安もあることでしょう。今回の名称変更はGoogleの広告主向けのサービス群の整理の一環で、Google広告の他に「Googleマーケティングプラットフォーム」と「Googleアドマネージャー」というブランドが適用されることになります。

気になる変更点ですが、Google広告においては実質的には大きな変化はなく、広告の掲載状況やレポートにも影響はありませんし、管理画面の操作方法も変更はありません。ただし、広告の審査基準やヘルプセンターには変更があったため、広告主の方にとっては注意が必要です。

Google広告になって審査基準に変更はあるの?

そもそも審査基準をあまり気にせずに広告を運用してきた方もいるかもしれませんが、審査基準に通らなければ時間を大きく無駄にすることになります。また審査基準はどんどん厳しくなっていく傾向があるため、今は審査に通っていても通らなくなる可能性は多いにあります。そのため、広告の審査基準には多少気を張っておいた方がいいでしょう。では広告の審査基準はどう確認すればいいかというと「Google広告のポリシー」を確認しましょう。ここではどんな広告が禁止されているかが明示されているため、広告作りの参考にできます。アドワーズから広告に名称変更したことによる大きな審査基準の変化はありませんが、今後変化していくことは大いに考えられます。まめにチェックしておきましょう。

治療院が注意すべきのGoogle広告の審査基準

peccolis_2018.09.11②

Google広告の審査基準はさまざまな法律などを反映して作られているため、法律の変更などもチェックしていないと審査基準の変化に対応できなくなるかもしれません。治療院が注意すべき法律といえば、まずは「柔道整復師法」「医師法」です。これらの法律の他にも「景品表示法」もチェックしておきましょう。医療行為や医療機関であることを指す単語や、病気や症状の名前も審査基準に含まれます。治療院はどうしても医療行為と紙一重の部分もあるため、単語の使い方、ちょっとした表現の仕方一つで審査が通らないこともあるため、気をつけましょう。

まとめ

毎年のように広告や医療に関する法律が変わり、広告表現の規制はどんどん厳しくなっています。ここ数年は特にWeb広告の規制も厳しくなっているため、常に審査基準の変化には目を光らせていなければなりません。しかし、集客に成功すれば表業も忙しくなりますし、広告の運用はただでさえエネルギーを使うのに、審査基準の変更に目を光らせておくのは大変です。そのため、業界知識があり、審査基準を通すノウハウを持っている業者を探すのがおすすめです。

ペコリスの治療院さま向けプログラム

広告の運用会社は数多くありますが、今後より厳しくなっていく審査基準を通過させ集客に成功するには、実績に裏打ちされたノウハウを持っている業者が必要です。治療院にオススメなのは「ペコリスの治療院さま向けプログラム」。ペコリスではこれまでも多くの治療院の集客のサポートしてきた実績があります。そのため審査基準を通過するのはもちろん、集客効果の高い広告を作るのに秀でています。業界に特化しているので、単に集客するだけでなく自費診療のお客さんが欲しいなど、痒いところにも手が届く対応をしてくれるため、安心して広告の運用を任せられます。リスティング広告で集客を成功させたい方は、一度問い合わせをしてみて、相談してみるといいでしょう。


治療院さま向けプログラムの詳細はこちら
https://peccolis.com/listing-chiryouin/