リスティング広告

医療広告の審査が厳しくなっている?治療院のリスティング広告審査について

peccolis_2018.07.31①

ppc広告を活用している方なら、1度は媒体審査に落ちた経験のある人も多いのではないでしょうか。ある程度ルールがわかっていれば避けられるものですが、始めのころは媒体審査に落ちて時間を無駄にしてしまうケースも珍しくありません。

今回は媒体審査に関する考え方を紹介していきますので、ppc広告を上手く活用したい治療院様はぜひ参考にしてください。

治療院のPPC広告と媒体審査は切っても切れない関係

広告が出せるかどうかが決まる媒体審査ですが、その基準が年々厳しくなってきていることをご存知ですか。特に2017年には消費者庁から公表された報告書やさまざまな問題に対処するため、広告規制が大きく厳格化する動きがあります。

特にインターネット上の広告はルールがまめに変わるため、常にルールをチェックしていないと把握できなくなってしまうので注意が必要です。広告を出すには媒体審査は切っても切れない関係にあるため、効果的な広告を出すのと同時に、媒体審査に落とされない広告を作る意識も必要になってきます。

治療院のネット広告の審査の基準は

では媒体審査の合否を決める審査の基準とはなんなのでしょうか。それらは広告を出す媒体で明確に定められています。Yahoo!であれば「yahoo!マーケティングソリューション 広告掲載ガイドライン」、Googleでは「Google Adwords広告掲載のポリシー」に定めらているので確認しましょう。

媒体審査にかかる期間も媒体によって微妙にことなります。Googleであれば1営業日以内に住みますが、Yahoo!の場合では約3営業日ほどかかります。審査に時間がかかっているようであれば、ヘルプセンターに問い合わせてみましょう。年末などは審査に時間がかかることが予想されるので、審査にかかる時間や審査に通らないリスクも見越してスケジュールを組まなければいけません。

法律に抵触しているかどうか注意しよう

peccolis_2018.07.31②

媒体によるガイドラインも重要ですが、もう一つ重要なのが法律です。当たり前ですが法律に反している広告が媒体審査を通ることはありません。治療院が特にチェックしたい法律はあはき法(あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律)、柔道整復師法、そして医師法です。

法律の中には広告の表記に関する箇所もあるため、漏れなく確認しましょう。トラブルが起きる度に変わるのは法律も一緒なので、一度確認したからといって油断せず、ニュースなどを見て法律が変わっていないかチェックしておく必要があります。法律と媒体の審査基準も連動して動く場合があるので、世の中の動きを見ながらルールがどう変わるのかを確認しないといけませんね。

まとめ

媒体審査を通して、かつ効果的な広告を出すというのは、実は業界の知識が豊富でないと難しいものです。法律の変化に目を光らせながら、どうしたらいい広告を出せるか考えるのは案外骨の折れる仕事です。そのため、業界経験の豊富な頼れるパートナーを探すのがとても重要なのです。これまではご自身で広告を運用してきた治療院さまも法律の変化を把握しながら広告を作っていくのは大変です。ご自身で勉強しながらも並行して頼れるパートナーを探してみてはいかがでしょうか。

 

ペコリスの治療院さま向けプログラム

広告のパートナーを探している治療院様におすすめしたいのが「ペコリスの治療院さま向けプログラム」。これまで多くの治療院さまの広告をサポートしてきたため、媒体審査を通すノウハウも集客効果の高め方に関しても十分なノウハウも持っています。また、Google Partnerの正規代理店として証も持っています。正規代理店になるには規定以上の運用実績と広告の運用に関する試験に合格する必要があります。それらのハードルを越えてGoogleに認められているため、安心して広告を任せることができるでしょう。

治療院さま向けプログラムの詳細はこちら
 https://peccolis.com/listing-chiryouin/