リスティング広告

AIを使った「自動化設定」って何?

5●2021.6.10_AIを使った「自動化設定」って何?

リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンで検索したキーワードによって表示される広告です。そのため、広告を出す際には広告を表示させるキーワードを決めて、入札金額を決める必要があります。

広告をより見てもらうためには上位表示されることが重要ですが、この入札価格が大きく関わります。以前は、そのための入札価格は人の手で調整しなければなりませんでしたが、今ではAIを使って自動で調整できるようになりました。今回は、この自動化設定についてご説明していきたいと思います。

1.自動化設定ってなに?

入札の設定は手動で自分ですることもできますが、入札順位を確認してキーワードごとに設定しなければならず、手間もかかってしまいます。

入札価格は、クリック数/単価や、コンバージョン数/単価、インプレッションシェアなど、さまざまな要素で調整することができます。このような入札価格に関係する要素を、それまでの蓄積されたデータからAIが判断して、最適な価格に近づけていってくれるのです。これらの要素は、複数組み合せて設定することも可能です。

2.具体的には?

それでは具体的に考えてみましょう。
例えば、よく使われるのが「目標コンバージョン単価」による設定です。

入札ごとにさまざまな要素から「推定CV率=このぐらいの割合でCVが取れそうだという予測」が算出されます。あらかじめ「目標CV単価=広告主が設定したCV1件にかけられる金額」を設定すると、その目標を達成するように入札価格が上下します。言いかえると、ユーザーに広告が表示される機会があるたびに、データを基に見込みが判断され、目標を達成できるように入札価格が調整されるようになります。

3.こんな時はどうする?

とは言え、「仕組みは何となくわかるけれど、どういうタイミングで使えばいいの?」「やってみたいけれど導入後のパフォーマンスが不安」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Google広告では、自動入札の準備ができている状態であれば、自動入札に関する表示がされている場合があります。例えば「お客さまのアカウントには十分なコンバージョンデータがあり、コンバージョン数の最大化に基づく入札を導入すると成果の向上が見込めます」といった通知がされ、最適化案が提示されたりします。この最適化案を見てみるのもいいですね。

あるいは、管理画面でキャンぺーンを確認する際「スマート自動入札によるコンバージョンの最適化を試してみる」という通知が出ている場合は、そのキャンペーンは自動入札の導入できるタイミングであることがわかります。Google広告のほうで適切と思われる自動入札を判断してくれるため、まずは画面上で推奨された自動入札を試してみるのもいいのではないでしょうか。

4.まとめ

インターネット広告の世界は日々進歩しています。
数年前には最適な方法だったものが、すでに変化している可能性もあります。
新しいものを取り入れるには思い切りや知識も必要になりますが、それによってよりパフォーマンスが向上したり、作業の短縮や効率化も可能になります。これからも進化が続いていくだけに、上手に新しい技術も取り入れて、より効率的良く、最適な広告配信をしていきたいですね。

PPC広告の運用を無料で相談する

「現状のWeb集客でいいのだろうか?」とお悩みではありませんか?「獲得単価」だけを見ていてはいけません!運用コストを落とすことで、広告の費用対効果を一気に改善!ペコリスのリスティング広告(PPC広告)の運用を体験してみませんか?


中小企業のスモールスタートを多数支援しているペコリスなら、ネットやパソコンが苦手な方でも簡単にWeb集客を導入できます!


ペコリスのPPC広告をもっと詳しく