リスティング広告

広告の配信エリア(ターゲットエリア)の設定をしているのに他のエリアからクリックされている?

61●2019.04.04_広告の配信エリア(ターゲットエリア)の設定をしているのに他のエリアからクリックされている?

PPC広告を設置する際、ほとんどの場合でターゲットエリアを設定していると思います。例えば、お店から半径5kmといった設定や、東京都、大阪市などお客さんが来店してくれる可能性のある場所に絞り込んで設定しているのではないでしょうか。しかし、ターゲットエリアを大阪市に設定しているにも関わらず、他のエリアからもクリックが発生する可能性があるということをご存知でしょうか?今回は、ターゲットエリアの設定について詳しくお伝えしたいと思います。

1.PPC広告のターゲットエリアとは

広告では、配信エリアをあらかじめ決めておくことができます。1番小さな単位では「市」や「区」単位。中には一部設定できない市や区もありますが、よく使用する範囲の指定方法ではないでしょうか。もちろん都道府県単位での指定も可能です。さらに絞り込みたいときは、選択した地点から半径で指定することが可能です。例えば、「大阪市中央区〇〇町3丁目1−1」から半径5kmと指定したり、「東京駅」から半径10kmといった具合です。

主に来店する可能性があるエリアを指定しますターゲットエリアに指定した場所は、グーグル広告の中では青く表示されるので、とてもわかりやすいですね。設定方法は「地域」と「範囲」があります。「地域」は市区単位や都道府県の名称を入力することで、それぞれの大きさで配信エリアを指定します。「範囲」は半径何kmという範囲で指定します。細かい住所まで入力することが可能です。また「地域」では表示されなかった場所についても、「範囲」の方では表示されるので、地域で表示されないエリアについては「範囲」を使って設定することがあります。

2.配信エリアと除外エリアについて

配信エリアの設定には、「配信エリア」と「除外エリア」という設定があります。例えば大阪府を配信エリアとして設定し、枚方市と高槻市は除外するというように、配信エリアの「引き算」を行うことができます。先ほどのご説明通り、配信エリアは設定を行うと地図上に青色で表示されるのですが、除外エリアは設定を行うとマップ上に赤色で表示されます。配信エリアは「範囲」で半径での指定ができますが、除外エリアは「範囲」での指定ができませんので注意が必要です。

実際には、除外エリアを使用することは私どもでは稀で、配信エリアで調整することが多いですね。実際にあるとすれば、クライアント様からのご依頼で東京都全域に出して〇〇区と〇〇区は削ってという場合くらいでしょうか。その際にも除外エリアの「地域」として候補が表示されない場所は除外できませんので、やはり、配信エリアで設定する方が使い勝手が良いのかもしれませんね。

3.ターゲット地域に関心を示しているユーザーにも表示される

時々、クライアント様より「配信エリア外からのクリックが発生しているんだけど」とご質問をいただくことがあります。これは、グーグル広告のデフォルトの設定で、配信エリアに関心を示しているユーザーにも広告が表示されるように設定されているためです。例えば、「東京 腰痛」というキーワードを東京都全域に配信するように設定している場合、大阪から「東京 腰痛」などと検索した時に、大阪でも広告が表示されます。これが「配信エリアに関心を示している状態」です。 

東京に住んでいるお母さんが腰痛で困っている。それを聞いた娘が、大阪からお母さんの家の近くの整体院を探す」といったシーンが想定されます。実際に来院している方にお話を伺っていると、「娘がここを探してくれた」「息子が探してくれた」というケースも多いのではないでしょうか?「広告を届ける相手は、配信エリアにいるユーザーとは限らない」ということがあるのだということを頭の片隅に置いておきましょう。

4.完全にターゲットエリアだけに配信を絞りたいなら

このように東京に配信エリアを設定しているにも関わらず、大阪でも広告が表示されるという一歩進んだ機能がデフォルトで搭載されているわけですが、クライアント様の中では、このような設定は不要だというケースもあります。そのような時は、配信エリアの詳細設定で「ターゲット地域にいるユーザーと、ターゲット地域に関心を示しているユーザー(推奨)」から「ターゲット地域にいるユーザー」に設定を変更することで、設定エリア以外からのクリックを発生させないようにすることができます。

時々、エリア外からのクリックを除外したいからという理由で、配信エリア以外の日本全国を除外設定として設定されていることがありますが、これで「ターゲット地域に関心を示しているユーザー」いわゆるターゲット地域に興味はあるものの配信エリア外のユーザーを除外することはできないそうです。やはり配信エリア外のユーザーからのクリックを0にするには、「ターゲット地域にいるユーザー」に設定を変更することが最適なようです。