リスティング広告

ストーリーとユーザーのツボを抑えたクリエイティブとは

118●2020.5.21_ストーリーとユーザーのツボを抑えたクリエイティブとは

1.広告は流れで

これまでご紹介したきたことは、1つ1つが独立したことではありません。
すべて関連づけて、広告に触れる前後を考え、ユーザーのストーリーを作って、それに合わせた広告の選定・改善を繰り返していくということです。メニューやクリエイティブだけに焦点を当ててしまうと、広告がちくはぐになってしまいます。

大切なのは「誰に」「どんなタイミングで」「何を伝えるか」です。

この3つを実現するために、最適な広告を選択してその広告のメニューやクリエイティブを考えていく。。。webの中でどのようにユーザーのモチベーションを上げ、商品やサービスを知ってもらい、購入や登録をしてもらうのか、常に流れを意識するのがweb広告を成功させる鍵になることを忘れないでください。

2.クリエイティブとは?

クリエイティブとは、本来の英語の意味を辞書で見てみると「創造力がある、独創的な、工夫して作った」などの意味があります。最近では「クリエイティブな人」などとカタカナでもそのまま使われることも多いですね。広告やデザインなどの世界では、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そういった制作に従事する人、または部署を指したりします。

これまで何度も出てきた「クリエイティブ」とは、ここではweb広告で利用する制作物という意味です。ユーザーに対してどのような表現で情報を提供すればいいのか、ということです。ここでは具体的に「広告のバナークリエイティブ画像」と「ユーザーを迎えるランディングページ」について考えてみます。

3.ストーリーでつなげる

バナーやランディングページがきれいなだけでは、広告の効果にはつながりません。
広告に触れる前後も含めて、ユーザーの動きを再度考えてみましょう。

118-a

広告に触れるまで、触れた瞬間、サイトに訪れた瞬間すべてがコンバージョンに導くためのストーリーです。

4.ストーリーを元に「ツボ」を考える

では、具体的にストーリーでつなげるにはどうすればいいのでしょうか。
下図のようなフレームワークで考えてみると分かりやすいかもしれません。

118-b

バナーは「ユーザーの気になる!」を設計し、ランディングページは「ユーザーの知りたい⇒使いたい」の感情変化を設計する、と考えてみてください。

PPC広告の運用を無料で相談する

「現状のWeb集客でいいのだろうか?」とお悩みではありませんか?「獲得単価」だけを見ていてはいけません!運用コストを落とすことで、広告の費用対効果を一気に改善!ペコリスのリスティング広告(PPC広告)の運用を体験してみませんか?


中小企業のスモールスタートを多数支援しているペコリスなら、ネットやパソコンが苦手な方でも簡単にWeb集客を導入できます!


ペコリスのPPC広告をもっと詳しく