リスティング広告

クリック率が低いときの対策は?

s20●2022.1.20_クリック率が低いときの対策は?

広告のクリック率が低いのですが、これを上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

1. クリック率が低いとは

クリック率が低いということは、言いかえれば、広告は表示されていてもクリックされる回数が少ないとも言えます。一般的に魅力的で、思わずクリックしてしまうような広告は、クリック率が高いものです。

2.クリックしたくなるような広告文にする

一時期は、「世紀のゴッドハンドがついに登場」「今まではできなかった施術が現実に」など、過激な表現を入れることでクリックされやすくなる、と言われていたこともありました。が、現在では逆効果だと言われています。現実離れしていて、むしろ胡散臭いと思われてしまい、クリック率は低くなりがちです。

有効なのは、「墨付き括弧」や「括弧」を上手に使って他の広告文と差別化する、ということです。文字だけの場合、文字の羅列で埋もれてしまいがちですが、そこに記号が入ってくることで目を引くようになります。他社が使っていなければ、見出しや説明文に上手に記号をいれることで、クリック率の向上が期待できます。

また、検索ワードが広告文に含まれる場合、そのワードは太字で表示されます。これも見出しを目立たせることになります。軸となる想定検索ワードを入れるようにすると、太字で表示される確率が高くなってクリック率が上がることも考えられます。

3.クリックされやすいように掲載順位を上げる

まずはクリック単価を上げることで、掲載順位を上げることができます。
ただ、最近はAIを使った自動化が設定されているので、個別クリック単価で上位表示を狙うというよりは、たとえば自動入札の上位表示を優先させる項目を使って掲載順位の上狙うことができます。ただ、広告費が極端に少ないと、広告表示回数が制限されることがあります。ある程度広告費を確保してからトライするのがお勧めです。

4.広告表示オプションを設定する

広告表示オプションをしっかりと設定すると、PCでもスマホでも1位表示したときの広告表示面積を広げることができます。実は、これで広告表示が倍、2.5倍程度に広がります。他の広告と比べてこれも目立つようになるので、かなりクリック率の向上に有効です。この設定をされていないのであれば、ぜひ試してみてください。

PPC広告の運用を無料で相談する

「現状のWeb集客でいいのだろうか?」とお悩みではありませんか?「獲得単価」だけを見ていてはいけません!運用コストを落とすことで、広告の費用対効果を一気に改善!ペコリスのリスティング広告(PPC広告)の運用を体験してみませんか?


中小企業のスモールスタートを多数支援しているペコリスなら、ネットやパソコンが苦手な方でも簡単にWeb集客を導入できます!


ペコリスのPPC広告をもっと詳しく

上