リスティング広告

2018年医療広告ガイドライン改定による治療院のホームページ表記への影響について

peccolis_2018.07.24①

2018年に改正された医療法。「自分たちにも影響があるのでは?」と不安に思っている整体院さんも多いのではないでしょうか。法律が変わればこれまで合法だったことが、いつの間にか法を犯していることになるので心配にもなりますよね。

今回は医療法に改正によって、整体院さんにどのような影響が出るのか、また大きく変わったのはどんなポイントなのかを紹介します。医療法の改正に不安のあった整体院さんはぜひ参考にしてください。

医療法の改正によってホームページ上の表記は変えなければいけないの?

2018年6月に実施された医療法の改正で大きかったポイントは、インターネット上の広告にも規制がかかるようになったこと。これまでは医療法でインターネット上の表現を規制する取り組みはなかったため、ホームページを持っていたりバナー広告を打っている方は心配な方も多いでしょう。

結論から言うと、整体院のホームページ表記にまつわる、法的な規制は今のところありません。ただしホームページが医療法上の広告規制に含まれるようになったことは確かであり、いつ整体院のホームページも対象になるのか時間の問題です。現に整体院のホームページにも規制が必要だという声も上がっているので、意識しておく必要はあるでしょう。

医療法改正による口コミ・体験談の取扱について

peccolis_2018.07.24②

今回の改正で整体院のホームページが対象ではないとはいえ、どのような表現が規制対象になったのかは把握しておきましょう。一つは口コミや体験談に関する表記です。ホームページで患者さんの治療体験談を掲載しているクリニックも多いですが、あれらの表現が内容を問わず禁止になりました。第三者、つまり患者さんなどが個人的にホームページで発信する場合には、「医療機関が広告料等の費用を負担等の便宜を図って掲載を依頼しているなど誘因性が認められない場合は、広告に該当しない」とされています。

術前又は術後の写真の取扱について

もう一つ大きく規制されたのが、いわゆるビフォーアフター写真です。ホームページでビフォーアフター写真を掲載するのが禁止になったのですが、厳密にいうと「治療等の前または後の写真等」、つまりビフォーかアフターどちらかの写真が掲載されるのもNGです。ただし、治療内容や費用、リスクや副作用に関して明記し「広告可能事項の限定解除」の要件を満たせば掲載が可能になります。

まとめ

今回の医療法の改正では整体院が直接規制の対象になることはありませんでしたが、規制の対象になるのはそう遠くないことが予想されるでしょう。整体院の広告も規制すべきだという声も上がっているので、対岸の火事というわけにはいかないでしょう。整体院さんでも、どのような広告が規制されているのか把握しながら規制がかかった場合にはすぐに対処できる準備をしてなければなりません。今後はいつ整体院も規制の対象になるか分からないので、常に法律の改正はチェックしておきましょう。

 

ペコリスの治療院さま向けプログラム

法律では規制対象にならなくて安心した整体院さんも多いと思いますが、広告を出す媒体が表現を自主規制する可能性は大いにあります。違法ではなくても、媒体審査に落ちるなどの不利益が生じることが考えられるため、対策を練る必要があるでしょう。媒体審査を通すにはある程度のノウハウが必要になるので、どこかのタイミングで業界経験が豊富なパートナーを見つけるのが得策でしょう。おすすめなのはペコリスの「治療院さま向けプログラム」。これまで多くの整体院さんの広告をサポートしてきた実績があり、もちろん法の改正などに対応してくれるので安心して広告をお任せできます。

★治療院さま向けプログラムの詳細はこちら 
 https://peccolis.com/listing-chiryouin/