リスティング広告

治療院のPPC広告に重要なランディングページの考え方

peccolis_2018.09.04①

リスティング広告を運用するなら、必ず考えなければならないのがランディングページ。どんなにいい広告を作っても、クリックした先のWebページの質が悪ければ、広告費用ばかりかかってCVには繋がりません。ネット広告で集客を成功させるには広告だけでなく、ランディングページの作りこみが必須なのです。そしてランディングページを作りこむ時に頭に入れておかなければならないのが、Webページの3秒ルールというものです。これはユーザーはWebページを見てから3秒以内にページを判断するということです。実際には1秒の場合もあれば10秒かかることもありますが、要はあなたが思っているよりも短時間でユーザーはページを判断してしまいます。あたながどんなに考えたコピーを書いたとしても、ページを開いた瞬間の印象が悪ければコピーも読まれずに帰られることを忘れてはいけません。

ランディングページの効果を図る基準は

ではランディングページがしっかりいいものを作れているかをどう判断するかというと、「直帰時間」を見ます。ページを開いてからページを戻したり閉じるまでの時間で、どれぐらいそのランディングページに滞在していたかが分かります。たとえば直帰時間が3秒くらいであれば、ユーザーは第一印象で判断して帰っているので、コピーをいくら作りこんでも意味がありません。ではユーザーは短時間の間に何を判断しているのでしょうか。それは自分にメリットがありそうな情報かどうかです。広告をクリックしている時点で、何かしらニーズがあるのは確かですが、その後のランディングページの内容が広告とマッチしていないと判断されると直帰時間が短くなります。

ランディングページを最適にするためのチェックポイント

peccolis_2018.09.04②

効果的なランディングページを作るためにチェックするためのポイントも紹介していきます。まずはページの構成です。どんなに全体としてはいい内容が書かれていても、ユーザーが不自然に感じるような構成では最後までページを見てもらえません。ユーザーが深層心理で感じているニーズや悩み事が解決できると期待できる構成を作りこまなければなりません。

また先述したように広告文とのマッチも重要です。広告を見てクリックしたのに、ランディングページでメッセージが変わっていればユーザーはすぐに帰ってしまいます。さらにランディングページの内容だけでなく、クリックしてすぐにページが読み込まれるかも重要です。広告をクリックして3秒以内にページを表示されないと40%のユーザーが離脱してしまうので、サーバーなどもしっかり見直しましょう。

まとめ

ランディングページを最適化する際に一番考えなければならないのは「とにかくユーザーのことを考える」ことです。自分が伝えたいことではなく、ユーザーが何に悩んでいるのか、どう苦しんでいるのか、徹底的に考えてみましょう。小手先のテクニックを学ぶよりもユーザーの気持ちに寄り添って作ったランディングページの方が何倍も効果が上がることもあります。

ペコリスの治療院さま向けプログラム

ユーザーのことを考えるには、ユーザーのことを知らなければなりませんが、自分たちだけで考えるよりもパートナー会社がいた方がいいでしょう。治療院におすすめなのは「ペコリスの治療院さま向けプログラム」。これまで多くの実績をもち、業界の理解も深いため、ユーザーがどのような悩みを抱えているのか膨大なデータを持っています。ユーザーの気持ちになって考えたい、悩みに寄り添ったランディングページを作りたい方は一度問い合わせをして相談してみましょう。


治療院さま向けプログラムの詳細はこちら
https://peccolis.com/listing-chiryouin/