リスティング広告

治療院の集客はどっちを選べばいい?「リスティング広告」と「SEO」の考え方

peccolis_2018.10.09①

リスティング広告で集客を図っていると、周りにはSEOでの集客で成功している先生の話も耳にするのではないでしょうか。もしくは、SEOの対策をしている業者から広告費用を抑える提案を受けたことのある先生も多いことでしょう。そんな話を聞くと、リスティング広告ではそこそこ成果は出ていても、SEOの方が効果が高いのではないか、もしくはコストを抑えられるのではと疑問に思うことでしょう。

そこで今回はリスティング広告とSEOの関係をどうとらえるべきなのか解説していきます。結論としては、インターネットで集客をするのであれば両方行った方がいいのですが、そのリスクについても紹介します。

SEO集客に内包するリスク

SEOはインターネットを使った集客方法として、確かに効果の高い方法ですが、同時にリスクも抱えています。どんなリスクがあるのか見ていきましょう。

Googleのさじ加減で業績が左右される

SEOのルールはGoogleが作っているため、GoogleがSEOのルールを変えればSEOの順位も大きく変わります。SEOのルール変更は突如行われることも多く、それまで1ページ目で集客をできていたのが、突然できなくなる事態にもなりかねません。積み重ねたものが一瞬で崩れる可能性があるのは大きなリスクとなるでしょう。

競合他院の対策を常に注視しなければならない

SEOであなたが集客できているキーワードは競合他院も集客のために狙っているキーワードとなります。そのため、1度トップページに表示されて集客できるようになっても決して油断はできません。他の治療院も同じキーワードに対してSEO対策をしているため、負けないように対策を練る必要があります。1度うまくいっても油断できないのがSEOのリスクでもあります。

集客をSEO一本に絞るのは医院集客としてリスクが高い

先に説明した通り、SEOでの集客はとても不安定なものです。一度うまくいってもGoogleや競合他院の対策によっては集客ができなくなる可能性は大きくあります。そのため、SEOに絞って集客を行うことは突然集客できなくなる危険性も孕んでいるのです。

SEOと比較するリスティング広告のメリット

peccolis_2018.10.09②

SEOが優れた集客方法であることを前提に、SEOと比較したリスティング広告のメリットも紹介していきます。

表示開始が早い

SEOの場合は施策が効果に反映されるまでに時間がかかるため、忍耐の日々が続きますがリスティング広告は広告が掲載されるまでが早いです。すぐに結果を求めているならリスティング広告がおすすめです。

表示させるユーザーをターゲティングできる

リスティング広告の大きな特徴として、広告を表示させる地域などを絞り込むことができます。絞り込みによってよりユーザーに刺さる内容の広告を作ることが可能です。

効果を細かく計測できる

SEOでも効果を計測できますが、リスティング広告の方がより細かい計測が可能です。細かく計測できるということは、より細かい改善が可能になります。そのため素早く正確にPDCAを回せるのがリスティング広告のメリットと言えるでしょう。

さらなるSEOにも繋げられる

リスティング広告でHPに集客できれば、それだけPVが稼げてサイト自体の信頼性を高められます。信頼が高くなればそれだけGoogleに評価されて上位表示されるので、結果的にSEO対策にも繋がるのです。

まとめ

活論としてはリスティング広告もSEOも効果的な集客方法のため、できるならどちらも行った方がいいです。代理店にお願いする場合も広告運用だけ、SEOだけというよりはどちらのスキルも持っている代理店にお任せするのがよりいいでしょう。

ペコリスの治療院さま向けプログラム

SEOにも興味がある治療院さまには「ペコリスの治療院さま向けプログラム」がおすすめです。広告運用はもちろん、SEOをはじめとしたWebプロモーション全般の知識とスキルを持っているため、安心してネット集客をお願いできます。

治療院さま向けプログラムの詳細はこちら
https://peccolis.com/listing-chiryouin/