リスティング広告

自費治療での集客を目指すための治療院リスティング広告運用方法とは?

peccolis_2018.08.21①

自費治療をいかに増やすか、それはどの治療院でも持っている課題の一つでしょう。特に最近では保険診療収入は減少傾向にあり、保険収入で経営を続けていくのが難しいのは火を見るよりも明らかです。しかし、自費診療を増やしたいものの、自費診療のお客さんをどう集客するのかほとんどの治療院が答えを見つけられていません。今回はその答えとしてリスティング広告を紹介していきます。

マーケティング手法としてリスティング広告を活用

まずはリスティング広告のメリットについて考えてみましょう。一つはその手軽さです。大きな準備が必要なく、短時間かつ低コストで始められるのは大きなメリットですね。もう一つのメリットは広告の効果を正確に評価できる点です。広告というのは出して終わりではありません。出た結果を吟味して、より効果的な広告を作る努力を繰り返さなければならないのです。数ある広告の中でもリスティング広告は、どの自費治療のニーズがユーザーに刺さるのかすぐに分かるので、初期のマーケティングに最適と言えます。

ホームページの最適化も合わせて行う

peccolis_2018.08.21②

短期でも集客効果が狙えるリスティング広告と組み合わせて行いたい施策があります。それがホームページの最適化です。リスティング広告は短期で効果が狙いやすいものの、コストはかかりますし、常に運用をしていかなければなりません。そのため、中長期で考えればホームページが狙ったキーワードで上位表示されるように改修し、手間をかけなくても半自動的に集客できる仕組みを作っていく必要があります。ただしSEO対策というのは数か月から1年と時間がかかる施策のため、ホームページでの集客を待っていては治療院が続けられません。まずはリスティング広告でしばらくは集客を行い、徐々にホームページからも集客できるようにシフトチェンジしていくのがおすすめです。

まとめ

短期的に効果が期待できるリスティング広告と、中長期の視野が必要なSEO対策を両方行うのをおすすめしましたが、まずとりかかるのはリスティング広告です。それも自分たちで行うよりもネット広告の運用会社にお願いしてみましょう。自分たちで行うよりもコストはかかりますが、その分早く効果が出るのでその分中長期の施策にも取り掛かれます。リスティング広告は短期でも効果が出るとはいえ、自分たちでキーワードを検証するところから始めるとやはり時間がかかってしまうものです。運用会社を選ぶ際にもポイントがあります。これまで治療院の自費治療の集客経験のある会社を選ばなければなりません。

治療院での経験はあっても自費治療の集客経験がなければ、0からデータを集めなければならず、結局時間がかかってしまいます。既に似たような事案の経験のある会社であれば大量のデータをもとにスタートできるため、短期で検証を行い最適解まで導いてくれるでしょう。業者の選び方で集客にかかる時間も費用も全然違うため、多少時間とコストをかけてでもいい業者を選ばなければなりません。

ペコリスの治療院さま向けプログラム

自費治療の集客をしたい治療院さんにおすすめなのはペコリスの治療院さま向けプログラムです。これまで似たような案件を多数経験してきているため、大量のデータと実績に裏打ちされたノウハウが存在します。マーケティングはセンスではなく、データを基にしたノウハウが必要なため、ペコリスの治療院さま向けプログラムのように業界特化で集客を行ってきた経験がある会社に理があります。ぜひ一度お問い合わせをして相談してみましょう。

治療院さま向けプログラムの詳細はこちら
https://peccolis.com/listing-chiryouin/