リスティング広告

リスティング広告を始める前に最低限知っておきたいこと

②2017.12.07_リスティング広告を始める前に最低限知っておきたいこと

1.広告を出せばすぐに売り上げは上がる?

Google AdwordsやYahoo! プロモーション広告のヘルプに従えば、初心者でも広告をスタートすることはできます。ただし、思いつくまま、闇雲に広告を出しても効果が
出るとは限りません

当然、効果的に広告を出すことができなければ、売り上げにつながる可能性も低くなります。なぜ効果があるのか、なぜ効果が上がらないのかを理解するためにも、ある程度はリスティング広告の独自の仕組みを理解するのも大切です。

2.広告によって費用の差はあるの?

リスティング広告は「広告がクリックされることで費用が発生する」でしたね。
ただし、このクリックされた時の金額は条件によって変わります

例えば「不動産関係」・「転職系」のような、検索してもらうために設定する
キーワードの競合が多いと、上位に表示させたい場合、1クリック1000円を
超えてしまうということもあります。

逆に言えば、競合が少ないキーワードを見つけることができれば、費用も安くできる
ということです。

3.広告は1度出せば後は何もしなくていいの?

残念ながら、1度出せば後は何もしなくていい、というわけにもいかないのが現状です。

ウェブサイトによっては、競争が激しかったり、シーズンによってユーザーの求める
サービスや商品が変わったり、検索ニーズに合わせた予算の配分の変更など
なかなか手間がかかります。

しっかり手間を掛ければその分、ライバルに差がつけられる、とも言えますね。

また、技術の進歩同様に、リスティング広告も刻々と変わっています。
Google AdwordsやYahoo! プロモーション広告では、頻繁な管理画面の変更や機能の
追加が行われています。できるだけ新しい情報を入れることが大切です。
です。ご自身で運用していると意外にこれが難しいところだったりします。

売り上げの大部分をリスティング広告に頼っている場合なら、リスティング広告の専門の業者に頼んだり、内部に専門スタッフを置く必要性も出てきます。

まとめ

中には「プロに任せるのはどうなの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、プロに任せることによる一番のメリットは本業に集中できることではないでしょうか。

ご自身でアカウントを作成し、トライしてみたけれど成果が出ないまま終わってしまったり、改善せずにそのまま放置というケースも耳にすることがあります。

ご自身で運用する場合には、専門家に支払う手数料をコストカットできるのですが、成果がなければ割高になってしまうこともあります。

もし、これからリスティング広告の出稿を検討しているのであれば、プロに任せて本業に集中するのか、自分で勉強も兼ねてトライしてみるのか、ご自身の未来の理想の働き方を描きながら、考えてみてはいかがでしょうか。