リスティング広告

費用対効果:コンバージョンデータで広告選別

㉕2018.06.07_費用対効果-コンバージョンデータで広告の選別

自分で定期的に細かくアカウントを管理していない場合は、「コンバージョン最適化」機能を利用することがオススメです。

1.コンバージョン最適化機能

過去のアカウントのデータから、予算内でコンバージョン数が最大になるように自動調整をしてくれる機能です。コンバージョン率の高い時間帯・曜日・地域なども考慮して調整してくれます。

最適化機能の特徴

・月間15以上のコンバージョン数の発生が必要
・コンバージョン数が少ないアカウントでは精度が落ちる
・コンバージョン数に比例して効果が出る
・開始後しばらくはシステム内での調整期間になるため、 一時的にパフォーマンスが
   極端に悪くなる場合がある

最適化機能を使用するなら、1,2ヶ月は様子を見てみましょう。

2.Google AdWordsでの設定

Google AdWordsでのこの機能は「コンバージョンオプティマイザー」と言います。

設定の仕方

 「キャンペーン」>「設定」タブ>「入札戦略」 

 

「クリック重視」/「コンバージョン重視」の2つのうちから
「コンバージョン重視」を選択

 

「詳細オプション」で
「個別のコンバージョン単価を使用」クリック
目標数値を入力

適用されると・・・ 

「デフォルトの上限CPA」の設定部分が
「目標CPA(クリックスルーコンバージョン)」に
変わります。
広告グループごとに数値を変更したい場合は、ここから変更します。

3.Yahoo!プロモーション広告での設定

Yahoo!プロモーション広告でこの機能に当たるのは、「自動入札設定」です。

設定の仕方

 「ツール一覧」>「自動入札一覧」で設定画面表示
>「自動入札設定の作成」
>プルダウンで「コンバージョン単価の目標値」選択 

【1件のコンバージョンの取りたい予算額の目標値を決める】
「自動入札名」/「コンバージョン単価の目標値」入力(必須)
>「作成」クリック

【設定を適用したい広告キャンペーン/グループに反映させる】

キャンペーン全体に適用の場合

「変更したいキャンペーン」>キャンペーン設定情報」
→「キャンペーン編集」の「予算と掲載条件」の中の「入札方法」で
「自動入札を設定する」にチェック 

 

作成した「自動入札設定」を選択>「編集内容を保存」選択 完了 

特定の広告グループに適用の場合

>「変更したい広告グループ」
>「広告グループ設定情報」
>「設定内容を編集」
→「自動入札を設定する」にチェック 

 

作成した「自動入札設定」を選択>「編集内容を保存」選択 完了

4.中間コンバージョン

おそらく顧客になる可能性が高い人が閲覧するであろうwebページに
コンバージョンタグを入れてそのページのコンバージョン率を計測する
、というものです。

コンバージョンタグの設置ページ例

・会社・店舗概要ページ
・アクセスマップページ
・連絡先ページ
・サービス詳細ページ
・お客様の声のページ
・特定のオファー掲載ページ(割引情報など) など

1ページ完結型のランディングページの場合

特定のオファーや情報を掲載したページを1ページ作り
そのページに誘導する大きなボタンを付ける

通常、コンバージョンは成果がはっきり発生したタイミングで取得します。
ただしwebページ内にゴールがない場合は、効果が計測しづらいため
この中間コンバージョンを取りましょう。

webページにゴールがない場合

・リスティング広告が店舗への集客目的
・電話での問い合わせ・注文が目的
・販売ではなく認知度アップが目的  など

可能性を絞って少しでもデータを取ることで無駄な広告・収益の高い広告の選別に
つながっていきます。また、効果の計測できるページがわかるようになれば
最適化機能もさらに有効に使える
ようになるでしょう。