リスティング広告

広告主の適格性確認プログラムに関するメールって?!

s30●2022.3.31_広告主の適格性確認プログラムに関するメールって?!

Googleから「Googleの広告主さまの適正確認プログラムに関する最新情報」というメールが届きました。どのように対応すればいいのでしょうか?

1. これはどんなメール?

弊社でも、このことに関していくつか問い合わせをいただいています。
これは、簡単に言うと「Googleのルールの中の2つのルールが1つに統合されます」というお知らせのメールです。

さっと目を通しただけでは「アカウントを一時停止します。」などの言葉が目に飛び込んで物々しい感じにも思えたかもしれませんが、「違反していますよ」というような警告のメールではないのでひとまず安心してください。

2.具体的にはどういうこと?

以前は、「広告主さまの身元確認プログラム」というものと「ビジネスオペレーションの適格性確認プログラム」という2つのルールがありました。それぞれ個人向け、ビジネス向けの適格性を確認するもので、個別になっていたものを今回1つに統合することになったということです。これが、メールのタイトルにあった「広告主さまの適正確認プログラム」です。

本人確認

おそらく意識していない方が多いと思いますが、これまでにもアカウントを立ち上げる時、お支払い情報を入力する時などに実は本人確認をしています。たとえばGoogleのアカウントを持っている場合、スマホのGoogleアプリに「画面に表示されている番号をタップしてください」という通知が来て番号をタップさせる、というものがあります。タップされた番号が一致していることが確認されれば、本人確認が終了します。このように、簡単に本人確認ができるようになっています。その際、30日経過しても本人確認ができない場合、アカウントを一時停止するという措置は以前から明記されています。今回はこれをさらに強化していく、ということのようです。こういった確認が正常に行われていれば、アカウントが停止されることはありません。

3.適格性の確認

ただ、Google広告の「適格性の確認」のヘルプを見てみると【広告主さまの身元確認】という項目に「一部の広告主さまには、最初にこの身元確認プログラムを完了していただく場合があります。」とあります。その中で、優先的に対象となる可能性のある場合が挙げられています。

1.商品・品物・サービスの宣伝
(小売業、メディア、エンターテイメント、旅行、企業間取り引き、テクノロジーなど)

2.情報・注意喚起・教育に関するコンテンツの宣伝
(教育リソース、調査と統計情報、医療や経済に関する無料アドバイス、慈善活動や社会貢献など)

3.規制産業に関連するコンテンツの宣伝
(ギャンブル、ゲーム、金融商品や金融サービス、ヘルスケア関連の商品やサービスなど)

ここで気になるのは、3番目の中のヘルスケア関連の商品やサービスです。整体院はヘルスケア関連の商品やサービスに位置付けられているはずなので、優先的に広告主の身元確認の対象になるようです。どのような確認方法になるのかはまだはっきりしませんが、従来のような入力させる通知、あるいは書類提出もあるかもしれません。

4.今後の対応

優先的ということで、「新しいプログラムで改めて広告主としての確認をさせてください」というような通知が今後来るかもしれません。その際には、30日以内に回答をしっかりしてください。これをしないと、アカウントの一時停止の可能性が高いでしょう。内容に沿ってしっかりと対応しましょう。

これは、2022年3月31日から2ヶ月程度かけて実装されるということです。4月、5月に実装され、みなさんのところに通知が行く可能性があります。それまでに、弊社でも正しいやり方や対処方法などをしっかりと研究していきますので、確認ができましたらみなさんにもお伝えしたいと思います。

PPC広告の運用を無料で相談する

「現状のWeb集客でいいのだろうか?」とお悩みではありませんか?「獲得単価」だけを見ていてはいけません!運用コストを落とすことで、広告の費用対効果を一気に改善!ペコリスのリスティング広告(PPC広告)の運用を体験してみませんか?


中小企業のスモールスタートを多数支援しているペコリスなら、ネットやパソコンが苦手な方でも簡単にWeb集客を導入できます!


ペコリスのPPC広告をもっと詳しく

上