リスティング広告

初めてのAdowordsスクリプト〜どこに書くの?その使い方とは?

アドワーズスクリプトの使い方

Googleアドワーズで広告を出稿していると、必ず予算管理が必要になります。毎日アカウントを開いて、確認するのもよしですが、「アドワーズスクリプト」を使って、毎日の消化金額をあらかじめ設定しておいたアドレスへメールで送ったり、チャットワークなどの外部ツールにメッセージとして送ることができます。

今回は、アドワーズスクリプトの始め方についてお伝えしたいと思います。

アドワーズスクリプトって何?

アドワーズスクリプトはjavascriptを使ってGoogleアドワーズのデータをプログラムで制御する方法です。新たな言語を覚える必要はなく、javascriptの知識がある程度あれば、初心者でもプログラミングが可能です。

また、機能の中にはサンプルコードが多数用意されていて、Javascriptの詳しい知識がなくても画面にコードを呼び出して、利用することができます。

一見新たな言語を覚え直さないといけないのかなと思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

Googleアドワーズのアカウントをお持ちであれば、誰でもアドワーズスクリプトを無料で利用することができます。また複数のアカウントを運用するMCCアカウントでも利用が可能です。

スクリプトを書く場所

Googleアドワーズにログインします。アカウントのキャンペーンを開き、画面左側メニューの「一括処理」をクリックします。

アドワーズにログイン

一括処理のメニュー画面が開きます。ここで「スクリプト」の「スクリプトの作成と管理」をクリックします。

アドワーズスクリプトを開く

アドワーズスクリプトを作成する画面が開きました。「+スクリプト」という赤いボタンをクリックして、新規作成をおこないます。

スクリプトを作成するボタン

こちらの画面でスクリプトを作成します。「function main(){ }」の中にスクリプトを書きます。

スクリプトがアカウントへのアクセスしてもよいか、スクリプトを作成するたびに聞かれます。毎回面倒ですが「今すぐ許可」ボタンをクリックしてアカウントへのアクセスを承認します。

今すぐ許可のボタン

今すぐ許可をクリックするとこのようにポップアップが開きます。DenyとAllowのボタンがありますが、Allowが承認するという意味ですので、Allowをクリックしてください。

スクリプトの許可

複数のGoogleアカウントでログインしている場合、「This script is currently not authorized to run in your account. Please start the authorization process again.」と表示されて、承認がエラーになることがあります。そのような時は一旦「ログアウト」をしてから、アドワーズを管理しているアカウントでログインし直してください。僕はここで半日ハマりました。

承認エラーの画面

実際にスクリプトを動かせているか確認してみましょう。

main関数の中を以下のように書いてみてください。

function main(){
Logger.log('こんにちは’);
}

Logger.log(‘表示したい値’)と記述すると画面下部のlog表示エリアに結果を表示させることができます。無事、logの表示部分に「こんにちは」と表示されていれば成功です。

ログにメッセージが表示されていれば成功

サーバで動いているアドワーズスクリプト

通常javascriptといえばブラウザ上で動いていますが、アドワーズスクリプトはサーバ上で動いています。そのためalert()やdocument.writeといったことができません。これらのjavascriptはブラウザの機能を呼び出して動作しています。サーバーで動くアドワーズスクリプトでは使えないのです。

しかし、アドワーズスクリプトでは、主にアカウントの数値の処理を行うので、alertやdocument.writeを使うことはあまりないと思います。もしアラートなどの機能を使うならGoogleスクリプトを使うと良いのではないでしょうか。

1日の消化金額をメールで送るサンプルコード

実際に消化金額をメールで送るサンプルコードを作成しました。こちらを貼り付けて、送信先のメールアドレスを設定すれば、スクリプトは完成します。あとはトリガーを毎日3時に設定すれば、毎朝3時に前日の消化金額のレポートを自分のメールアドレスに送ってくれます。

function main() {
  var currentAccount = AdWordsApp.currentAccount();
   var stats = currentAccount.getStatsFor('YESTERDAY');

    var email = "***送信先メールアドレス***";
    MailApp.sendEmail(email, '日次レポート', currentAccount.getName()+':'+stats.getCost()+ '円');            
}

このように、アドワーズスクリプトを使って、アカウントにアクセスすることなく毎日の消化金額をチェックすることができます。MCCアカウントでも同様に紐付いているアカウント全ての消化金額を一括でメール送信することも可能です。

この方法を知るまでは、毎日アドワーズの管理画面を開いて消化金額をチェックしていました。最近では予算の消化率も一緒に計算してメールで送るようにスクリプトを書いたので、スマホに届いたメールを見るだけで、管理アカウントの予算消化状況が一目瞭然です。朝一に作業をしていたので、PCの立ち上げも含めて10分ほど掛かっていた作業が、いまではたった30秒ほどに短縮されました。

みなさんもアドワーズスクリプトを使って、ルーチンワークの自動化に、挑戦してみませんか?

アドワーズスクリプト公式サイト https://developers.google.com/adwords/scripts/?hl=ja

コメントを残す

*

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>