リスティング広告

はじめての利用も安心!リスティング広告の運用代行を利用する方法を知ろう

peccolis_2018.05.22①

ネットを使って新規顧客の集客を目的に始めたリスティング広告。
確かに結果は出るものの、勉強することが多くて本業に集中できないと感じたことはありませんか。

そんな方におすすめなのが、プロに運用をお任せすること。いい運用会社にお願いできれば、より集客ができる上に本業に集中できるため、よりビジネスの発展を期待できます。今回は運用代行サービスとはどのようなものなのか、またいい代行業者を選ぶポイントを紹介します。

運用代行サービスのサービス内容を理解する

そもそもリスティングの運用代行とはどのようなサービスで、自分たちで運用するのに比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

運用代行とはその名の通り、手数料を払うことで指定した広告費の中で、広告の効果を最大化するために運用してくれるサービスです。代行業者は、これまでの実績から効果を上げるためのノウハウを持っているため、効率的に効果を上げられるのです。自社で広告運用を行うとしたら、成果を上げるまでに投資するはずだった時間を短縮させることができます。

代行業者に払う手数料は、広告費の20%が相場です。代理店に広告費100万円でお願いした場合、手数料は20万円となり、計120万円払うことになります。代理店によっては、最低手数料を設定しており、広告費が少額で広告費の20%が最低手数料を下回る場合には、最低手数料を支払う場合もあります。

運用サービスを比較するときに見るべきポイント

peccolis_2018.05.22②

運用代行業者は選択肢がたくさんありますが、自分たちに合った代行業者を選ぶにはどんなポイントに気を付ければいいのでしょうか。3つのポイントに絞って紹介します。

ポイント1:運用額に応じた費用のかかり方が適しているかを確認する

まずは手数料の算出方法をしっかり確認しましょう。異様に高すぎる、もしくは安すぎる場合はコストパフォーマンスがよくない場合も多いのです。手数料は広告運用費の15~20%が相場なので、それ以外の場合はその根拠を確認しましょう。

また最低手数料もしっかり確認しなければなりません。少額でも始められるのがリスティング広告の特徴ですが、最低手数料が高ければ運用費が安くても結局手数料で費用がかさむことになります。自分たちの予算で適切に運用してもらえるかちゃんと確認しましょう。

ポイント2:成果を出すための型を持っているかどうかを確認する

リスティング広告をうまく運用するには、それまでの実績によるノウハウを持っているかが大きなカギになります。それも自分がいる業界での実績を持っているかが重要です。これまで同じような治療院で運用の実績を出してきた業者か確認しましょう。

ポイント3:レポート提出などきめ細やかな対応を行ってくれるかを確認する

リスティングはネットのサービスですが、運用しているのは結局人です。運用をお任せする相手が信用に足る人物かしっかり確認しましょう。リスティング広告の場合、誠実さが最も現れるのがレポートによる報告です。あなたがお任せした運用費が、本当に適正に運用されたかは気になりますよね。あなたが納得できる内容、頻度でのレポートを提出してくれるか確認しましょう。

成果を出すにはプロの運用ノウハウが必要です

リスティングの運用代行サービスについて理解してもらえたでしょうか。誰でも手軽に始められるリスティングですが、成果を出すにはプロのノウハウが必要になってきます。運用のために専属の人間を雇うつもりで、プロにお願いしてはいかがでしょうか。

ペコリスの治療院さま向けプログラム

治療院の先生がリスティング広告の運用をお任せするなら、ペコリスの「治療院さま向けプログラム」がおすすめです。これまで多くの治療院さまでの実績があり、成果を出すノウハウを用意しています。細かいレポートをもとに、治療院様と二人三脚で集客のお手伝いをしてくれるのが人気の理由です。

治療院さま向けプログラムの詳細はこちら 
https://peccolis.com/listing-chiryouin/