リスティング広告

PPC広告(リスティング広告)とはどんな広告?

PPC広告(リスティング広告)とはどんな広告?

PPC広告(リスティング広告)とは?

ネット上で何かを調べるとき、通常は検索エンジンで検索しますね。また、ネット上には個人のブログやニュースサイトなどの膨大なwebサイトが存在します。その検索結果や、webサイト上に出すことができる広告が「リスティング広告」です

リスティング広告は大きく2つに分けられます。

1.「検索連動型広告」
GoogleやYahoo! Japanなどの検索エンジンの検索結果にテキストで表示する広告

以前は検索結果の上部と右側に表示されていましたが、現在では上部のみの表示に
なっています。

2.「コンテンツ連動型広告」
GoogleやYahoo! Japanの広告掲載を許可しているwebサイトにテキストやバナーで
表示する広告

設定次第で、ターゲット層により近いユーザーが閲覧しているwebサイトに広告を出すことも可能です。

PPC広告(リスティング広告)の特徴

1.「クリックされるまで広告費はかからない」
リスティング広告はPPC(Pay Per Click)広告とも呼ばれます。
広告を出すこと自体には費用はかからず、その広告のリンクがクリックされたときに
のみ費用は発生します。

2.「時間的なロスがほとんどない」
費用を支払って審査が通ればすぐに開始されるため、すぐに始めることができます。

3.「ターゲットのユーザーに向けてよりピンポイントで出せる」
検索連動型ということは、入力したキーワードに関連した広告が表示される
ということ。ユーザーの求めることにより近い広告が表示されるので、ユーザー
の目にも留まりやすくなります。

4.「小規模な予算でも始められる」
1日の予算やクリックされた時の上限を決めることができるので、少ない予算でも
開始が可能です。

5.「詳細な分析ができる」
設定した広告のキーワードが売上や問い合わせにどれぐらいつながったかなど、
広告の成果を細かく分析できて改善にもつながります。

6.「通常の検索結果よりも上部に表示される」
設定したキーワードにもよりますが、上位に入ると通常の検索結果よりも上位に表示
され、広告を見てもらえる可能性も上がります。

PPC広告(リスティング広告)を始めるには

広告掲載のサービスを行う「Google Adwards」もしくは「Yahoo! プロモーション広告」でアカウントを作成します。ルールに違反しない限り、誰でも広告を出すことができます。ただし、それぞれ広告が掲載される検索エンジンやwebサイトは異なって
きます。

まとめ

どんなにいいサービスを行っていても、HPや広告自体を工夫していても、それを顧客やユーザーに見てもらえなくては始まりません。まだリスティング広告をやったことが
ないとしたら、低予算でも始められ、分析することもできるリスティング広告を試してみるのも良いと思いますよ!