リスティング広告

リスティング広告と品質スコア

⑦2018.02.01_広告費を決めるには?

1.広告費のかけ方

リスティング広告を始めるにあたって「広告費はいくらが適切なのか」
というのは気になるところですよね。

業界ごとに一般的な広告費の数値の目安というものが発表されてはいますが、
この数値が必ずしも当てはまるとは限りません。なぜなら、この数値には、
広告費をかけなくても売れる売上や、大手企業やブランド名で購入する
顧客も含まれているからです。さらに、駅前にある店舗は広告費をかけなくても
ある程度売り上げが見込めるなど、広告以外での集客の要素も関係してきます。

一方で、ウェブ上では広告が重要になります。
例えば自社のサイトを作ったとしても、それを知ってもらう、見てもらえなければ
認知してもらうのは難しくなります。特に新規の顧客に見つけてもらうのは、
広告やSEO(検索エンジン対策)などをしない限り難しいでしょう。

2.広告の並び順を決める品質スコア

 リスティング広告で重要なのが「品質スコア」です。
(厳密にはGoogle Adwordsでは「品質スコア」、Yahoo!プロモーション広告では「品質インデックス」)ユーザーが何かを検索する際に連動して広告が表示されるのが「検索連動型広告」でしたね。この際の表示広告の並び順を決めるのが品質スコアです。

基本的には広告表示の並び順は
まず入札価格(1クリックの金額)
の高い順です。

そこに、さらに広告の品質も考慮されるのです。
品質スコアは1~10の10段階で、

品質スコア×入札価格=最終スコア(最終的な順位の判断基準)になります。

つまり、たとえ入札価格が他より安くても、広告の品質が良くて価値がある広告だと
判断されれば、上位に表示される可能性が出てくる
のです。

3.品質スコアはどう決定される?

それでは品質スコアはどのように決まるのでしょうか?
次の4つの要素が関係してきます。

広告のクリック率

もっとも重要な要素です。クリックするユーザーが多いほど広告も高く評価されます。

キーワードと広告の関連性

キーワードにどれだけ広告の内容が関連しているかも重要です設定している
検索キーワードが広告内容に密接しているほど評価は高くなります。

広告やキーワードとウェブサイトの関連性

広告をクリックした先のサイトの内容も関係します。
クリックした先が、設定したキーワードや広告に含まれるキーワードに関係のある
キーワードを含むサイトであるか
も、評価の対象になります。

広告先のウェブサイトの品質

そして影響が大きいのがウェブページの表示速度です。
表示速度が速いほど評価も高くなります。それ以前にルールを守っているか、
も判断されています。

まとめ

 品質スコアとは、ユーザーにとってはより求めている広告が快適に表示されるように、そして広告主にとっては資金力だけではなく価値のある広告を表示できるように、
繰り返し改善されてきたものなんですね。

広告の品質がなかなか上がらないという場合には、上記の内容を再チェックして、
実際に試してみてください。特にウェブサイトとの関連性においては、ランディング先のタイトルがとても重要ではないかと思います!