リスティング広告

整体院でリマーケティング広告は出せる?

s26●2022.3.3_整体院でリマーケティング広告は出せる?

リマーケティング広告を出したいのですが、整体院は出せるのでしょうか?

1. リマーケティング広告とは

みなさんは、リマーケティング広告というのはご存知でしょうか。
これは「リマーケティングタグ」というタグをホームページに埋めておき、このタグでサイトを訪問した人を検知してリスト化するというものです。ホームページを見た人がリスト化され、そこにリストアップされている人には広告が追いかけて表示されます。

例えば化粧品のサイトを訪問していろいろなブログを見ていると、先ほど訪問した化粧品サイトの広告が追いかけるように何度も表示されることがあります。これがリマーケティング機能です。

2.リマーケティング広告の現状は?

実は、リマーケティング広告はなくなりつつあります。
前述したように「ユーザーの情報を保持し、それを利用して広告を出す」というのがリマーケティング機能です。このユーザーの情報を保持するということについて、訪問した情報は個人情報として扱うべきではないかという議論が出ています。そのため、これらの情報は保持しないようにしていく動きが出てきているのです。

3.では整体院は広告を出せる?

とは言え、現時点では完全になくなったわけではないのでリマーケティング広告を出すことは可能です。ただ、結論から言うと整体院はリマーケティング広告を出すことができません。理由は、特定の疾患や病気を持った人のユーザーリストを集めてはいけないというGoogleのポリシーがあるからです。整体院を訪問する人は何かしらの不調があるとみなされるので、整体院がリマーケティング広告を出すことはこのポリシーに違反することになってしまいます。以前は見かけることもありましたが、Googleで判断されれば、広告を出せたとしてもいずれは停止になるようです。

4.プレースメントで広告を出す

代わりに、Google広告のプレースメントで広告を出す方法があります。
Google と提携して広告を表示しているウェブサイトやアプリに広告を表示できる場所のことで、YouTube や Google ディスプレイ ネットワークで広告を表示できます。ウェブサイト全体、ウェブサイトの特定のページ、単一のページ上の個別の広告ユニット、動画、スマートフォン アプリなど、さまざまなものを指します(Google広告 ヘルプより)。手動で特定の場所を選択したり、ある程度自動で選択することもできます。

リマーケティングのように直接ユーザーの情報を保持して利用するわけではありませんが、ターゲット ユーザーがアクセスする特定のウェブサイトがわかっていれば、そのウェブサイトをプレースメントとして追加することもできます。リマーケティング広告の代わりに、プレースメントでの広告を検討してみてはいかがでしょうか。

 

PPC広告の運用を無料で相談する

「現状のWeb集客でいいのだろうか?」とお悩みではありませんか?「獲得単価」だけを見ていてはいけません!運用コストを落とすことで、広告の費用対効果を一気に改善!ペコリスのリスティング広告(PPC広告)の運用を体験してみませんか?


中小企業のスモールスタートを多数支援しているペコリスなら、ネットやパソコンが苦手な方でも簡単にWeb集客を導入できます!


ペコリスのPPC広告をもっと詳しく

上