リスティング広告

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク広告①

㉛2018.07.26_Yahoo!ディスプレイアドネットワーク広告①

以前にもご紹介したように
Yahoo! Japanが提供する広告ネットワークに広告を表示する仕組みです。
(スポンサードサーチとは区分が異なるため、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク
広告用に新たなアカウントを作成する必要があり。
ログイン自体は共通の
ID・パスワードで可能。広告費の管理やレポート、設定などは完全に別システム。)

Googleのディスプレイネットワーク広告と似てはいますが、全く同じではないため
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク広告にはYahoo!ディスプレイアドネットワーク広告に対してのポイントを意識する必要があります。

1.サイトリターゲティング

タグをwebサイトに埋め込み、リストを作ってキャンペーンを設定

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク広告の中でも1番押さえておきたい機能で
Googleディスプレイネットワークの「リマーケティング広告」とほぼ同じです。
Googleで高い効果が出ていれば、サイトリターゲティングでも成果が期待できます。

成功のポイント

  • リスト作成や広告設定など、基本的には
    Googleのリマーケティングと同じ感覚でよい
  • 「コンバージョン最適化」
    (Googleのコンバージョンオプティマイザー)を設定する

*「コンバージョン最適化」:コンバージョン単価の目標値を入力することで、
目標のコンバージョン金額内で可能な限りのコンバージョン数が獲得できるよう自動で
調整してくれる機能。(ただし過去30日間に15件以上のコンバージョン実績が必要)

2.インタレストマッチ

広告を作成するだけで、広告の文章から的確な配信先を分析して、自動で配信

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク広告独自の配信方式です。
(Google AdWordsではテキスト作成に合わせ、配信先のキーワードや
カテゴリ等で指定する必要あり)

成功のポイント

  • 広告テキストで配信先が決まるため
    様々なバリエーションの広告を作成しそれぞれをグループ別にする
  • 考えられるだけの自社のサービスに関連するキーワードを洗い出す
  • できるだけ多くの広告グループ/広告を作成する
  • 比較的低価格で配信し、徐々に上げながら効果の高いものを
    洗い出して絞り込んでいく

3.サーチターゲティング

ユーザーが検索エンジンで検索したキーワードを指定し、コンテンツ連動型広告を配信

例:「腰痛」を指定 
→ 「腰痛」を検索したことのあるユーザーに対してコンテンツ連動型広告を配信

目的があって検索するユーザーを指定して広告を出すことになるため
キーワード次第で効果が期待できます。(現在、Yahoo!ディスプレイアドネット
ワーク広告のみ全アカウントに対して提供される機能

成功のポイント

  • スポンサードサーチ(Yahoo!Japan)や
    Google検索ネットワーク広告で成果のあるキーワードを
    登録することで成果が期待できる
  • Yahoo!Japanであらかじめ決められたキーワードリストからのみ
    キーワードが選択可能なため、自社サービスに関連しそうなキーワードを
    ひととおり洗い出してから設定してみる(全体的にアクセス数の大きい
    ビッグキーワード中心)

まとめ

まずはサイトリターゲティングのために
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク広告の
アカウントを開設する
ぐらいの気持ちで始めてみてもいいかもしれません。
広告の文章から配信先を分析して自動で広告配信してくれる
インタレストマッチも直観的に配信先を決めることができ
手をつけやすい
機能でしょう。

 

サーチターゲティングは、自社サービスにとって売れるキーワード
見つけることができれば高い効果が期待できます。
スポンサードサーチやGoogleで成果の出ているキーワードは
高い確率でサーチターゲティングでも成果が出るはず
です。